ポーランド内ならず、ポーランドから隣国への移動、または隣国からポーランドへの移動にとても便利な中・長距離バスのポルスキバス。
2011年6月からpolskibus.comのサービスを開始し、今ではポーランド国内22の都市と、
隣国のベルリン、ベルリン·シェーネフェルト、ブラチスラバ、プラハ、ウィーン、ヴィリニュスへも19のルートから選んで格安で行くことができます。


HPBusstopsよりこのルートが確認できます。

バリアフリーにも対応しており、乗り口はとても広く大きくて乗り降りが簡単です。
トイレもついています。
そしてなんと言ってもFree wifi。海外でwifiがフリーで使えるのはとても重要ですね。
さらに各席にコンセントもついていますので充電しながらwifi使って常に連絡を取ることが出来ます。
*田舎を走っているときはたまに電波がなくなります。

バスにも書いてある「1zł」
なんと片道チケットが1ズオティから買えるのです!
(実際は手数料が1złかかるので2złから。)
大きな荷物は一人二つまで預けることが出来ます。
基本的には20kgまでですがその場で量ったりはしないので常識の範囲で。
もちろんポイポイ入れたり出したりするので壊れ物は入れないように。
2階建ての大きなバスで、椅子もふかふかです。

チャイルドシートも持ち込みとなりますが、つけられます。

1階席も席が沢山あります。
全て予約制なので席がない事はありえませんが、
席番号はありませんので全て早い者勝ちです。
ルートごとなので途中から乗ってきたり降りたりで席の空席の場所は変わります。
何にせよ、早く行って早く並んで早く席をとることをオススメします。
それでは早速チケット(bilet)の買い方です!

<PolskiBus チケットの買い方>
ここではワルシャワからクラクフの往復という例でやってみます。
朝一で行って、1泊、次の日の最終便で帰ってきます。

http://www.polskibus.com/en にアクセス。(英語版にしてあります。)


こんなページが出てきます。白赤のポーランドカラーです。


右にあるSerch & Buy から、
▼人数
▼出発地
▼行き先
▼出発日付
▼復路日付(片道の人は入れる必要ありません)
を選び、SEARCHをクリック。

一番下は何かクーポンを持っていたらいれるものです。


するとこのような画面がでます。
1.出発日付(日にち・月・年の順です。)
2.出発地です。
この画像だと Warszawa Dworzec Autobusowy Metro Wilanowska s.14 とあります。
基本的にワルシャワから出発のポルスキバスはここからです。
s.14は停留所番号です。
最後に行き方を説明します。

3.「i」マークをクリックするとルートの詳細が見られます。↓

P6というバス番号、ルートはワルシャワ→キエルツェ→クラクフ→ザコパネというルート。
目安の時間も細かく書いてあります。

出発時間によって値段が違います。やはり使い勝手のいい時間は早く売れてしまいます。
これを検索したのは出発2週間前なので遅いからですがすでに安くても35zlから。
(それでも片道1,300円ほどなので安いですけどね)

4.値段や時間を比較してチケットを選びます。(ここでは最終便を選んでみます。)

5.往復(もしくは片道分)選んだら、ADD TO BASKET(買い物かごに入れる)をクリック。


するとこんな画面が出てきます。

黄色で示してあるところ特にちゃんと確認してください。
買った順に出るので上が復路、下が往路になっていますが、
ワルシャワからクラクフの往復、チケットのそれぞれの料金、それぞれの出発時間と到着時間です。
それらの料金に+1つの予約(片道)に1złずつかかるので、+2złで合計77złです。


下の赤いところには、
1.このポスルキバスをどこで知りましたか?というボックスがあるので、
▼適当なものを選びます。

2.確認事項です。英語がわかる方は読んだほうが良いにこしたことはないですが、チェックをいれないと進めないので同意したという意味で□にチェックをいれます。

3.PAY(支払い)へ。


ここからはカード払いの大事なページとなり、また予約情報も入っていますので、
間違って戻るボタン押したりすると全部消えてしまいますので消さないように、などの注意書きがあります。

合計金額77ズオティを払います。
name: 名前(ローマ字)
surname: 名字(ローマ字)
Email: メールでチケットが送られてきますので確実なものを。
Confirm e-mail:確認のためもう一度同じアドレスを入力

mobile: 電話番号はいれなくてもOKです。


そして進むとこんな画面にうつります。
私は適当に入れたので左上の確認のための名前はでたらめですが、ここに自分が入れた名前と値段が間違ってないか確認してください。

支払い方法を選び Nextで進みます。(ここではVISAを選びました)


あとはご自信のカード番号、有効期限とカードのうらに書いてある認証コードの3つの数字をいれるだけです。

ここから先はやってないのですが、おそらくこれで 終わりの画面が出ると思います。
そして入力したメールアドレス宛にチケットの詳細が届きますので、
そちらをプリントアウトして当日持って行きます。

必要なのは予約番号なので、携帯で見せてもOKですが、運転手さん(もしくはチケットチェックの人)が見難いのでプリントアウトしたものをオススメします。
時間やバスの番号など情報も全部書いてありますしね。

これはP9のバス。こうして番号が出ています。

ということで、以上Polski Busチケットの買い方でした!

乗り場は基本的に2箇所です。
Metro Wilanowska(メトロ ヴィラノフスカ)駅の隣にあるバスターミナルと、
Metro Młociny(メトロ ムウォツィニ)駅の隣にあるバスターミナルからです。

<Metro Wilanowskaの場合>

メトロで行くのがオススメです。
中央駅から少し歩いてメトロの中央駅「Centrum」から「kabaty」方面に乗りましょう。

 メトロM1線で「Wilanowska」駅に着いたら、「Al.Wilanowska→」方面に出ましょう。

 改札を出たら、右手にあるこのバスのマークと「ul.Puławska」の出口です。

 

 出て、こういったマーケットが広がっていたら正解です!

いつも何かしらマーケットが出ています。コンビにもありますから

バスに乗る前に飲み物や軽食を取っておきましょう。

 マーケットを抜けると大きなバスターミナルがあります。
Polskibusは一番奥に停まっています。
何台もありますから、違うバスに乗らないように注意!

<Metro Młocinyの場合>
「Młociny」はメトロM1線の終点ですので分かりやすいと思います。

セントラルから約20分。「ZUS」と書いてあるバスのマークがついている方の出口へでます。

出るとバスターミナルがあります。

Polskibusは一番奥です。
 ここも何台も来ますので、行き先と「P○○」の番号を間違えないように!

大きな荷物がある人は荷物を先に預けないと乗れません。
席は早い者勝ちです。ぐいぐい行きましょう!!

 

乗り心地は人それぞれかと思いますが、私は好きです。
4時間以上乗っているとさすがにお尻が痛くなってきますが、180cm以上の大きな男性達が長い足で確実に動けなくなっているのを見ると日本人は基本的に小さいですからまだシートの上で動けるだけいいものです笑
私(154cm)なんてあぐらでも体育座りでもできますから、彼(185cm)に比べれば・・・へっちゃらです。でもバスの大きさの割りにはシートは狭いかもしれません。座ればそうでもないんですけどね。背もたれは少しだけですが倒せます。

確か6時間以上の長距離になると、無料でサンドイッチやアイスがもらえたりします。
以前ワルシャワからグダンスクへ行った時にもらえて、とても助かりましたし美味しかったです~♪

おやつと飲み物は是非お持ちになってお乗りくださいね!
といってもテーブルやジュースホルダーはないので、飲み物はペットボトルがオススメ。
トイレもついていますが、使えないこともしばしばあるので乗る前にはトイレに行っておきましょう。

以上Polski Bus情報でした!