ショパンがお好きな方にとって、彼の愛したワルシャワはまさに聖地。
そんなワルシャワの街の中にはショパン観光スポットも沢山あるのですが、
ショパンが大好きな人には、彼の生まれた生家を訪れるのもおすすめです 😉
その生家はジェラゾヴァ・ヴォラ(Żelazowa Wola)という所にあります 🙂
Dom Urodzenia Fryderyka Chopina
(フレデリック ショパンの生家)
ワルシャワ観光おすすめショパン生家聖ロフ教会ジェラゾヴァヴォラ <住所>
Żelazowa Wola 15, 96-503 Sochaczew<入場料>
大人23zł 子供・学生14zł
水曜は入場料無料<営業時間>
4/1-9/30 9:00-19:00
10/1-3/31 9:00-17:00
1/1,3/28,11/11  9:00-17:00
5/1,2,3,15,26 & 8/15  9:00-19:00
月曜休館(公園は入場可)、また以下の日は公園も入場不可
1/1, 3/27, 11/1, 12/24,25,26,31 -1/1(2017)公式HPはこちらからどうぞ
開閉時間について詳細はこちらからどうぞ

ジェラゾヴァヴォラにあるショパン生家は
ワルシャワセントラルから60km離れた所に位置しています。
2015年にショパン生家が改装され、写真の生家博物館も新しくなりました。

木のぬくもりを感じられる綺麗な館内です。
コインロッカーもありますので荷物を預けるのもOK!
勿論トイレもありますよ♪(無料)

広い敷地内は緑が広がる気持ちがいい公園になっています 🙂

ワルシャワ観光おすすめショパン生家聖ロフ教会ジェラゾヴァヴォラ ワルシャワ観光おすすめショパン生家聖ロフ教会ジェラゾヴァヴォラ

6~9月は特に緑が綺麗なのでとても気持ちがいいです 🙂
ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家フレデリック・ショパンの名前が付けられたバラも公園内にあります 🙂

ワルシャワ観光おすすめショパン生家聖ロフ教会ジェラゾヴァヴォラ ワルシャワ観光おすすめショパン生家聖ロフ教会ジェラゾヴァヴォラ

土日は、生家でピアノコンサートも行われます。
平日に行くのも勿論楽しめますが、日程が合えば土日に行くのがおすすめ♪
この生家でのピアノコンサートは、少し変わっていて弾いている姿は見えません。
家の中で弾いているピアノを外の席でゆっくり聞くのです 🙂

人気なので目の前のベンチはすぐに埋まってしまいます。
目の前で聞きたい方は先に座って待っていると◎
ピアニストは曲前、曲後挨拶に出てきますのでどんな人が弾くかは
ちゃんと見ることが出来ますよ 😉

コンサート中は生家内の博物館は入れなくなります。
その後再び入れるようになります。

こじんまりとした博物館ですが、ひとつひとつが素敵な室内です。
写真はOKですが、フラッシュは厳禁ですので必ず発光しないように設定してくださいね 🙂

ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家 ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家
ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家 ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家

ショパンに関するショートムービーが見られる部屋があります。
(以前は本館の方にあったものが移動しました:) )
現在は公園に出て、左手に見えてくるレストランを入って、
その奥にシネマコーナーがあります 🙂
ポーランド語、英語と順番に流れており、2種類あります。
以前本館の方で流れていたもの+ショパン自身に関する内容になっていて、
英語が分からないと理解は出来ないかもしれませんが、
映像と音楽も素敵なので見る価値アリです ;)
両方見るとなると、タイミングにも寄りますが30分程でしょうか。

もし土日にショパンパスで行くと、1時間はコンサートを聞くと思うので
これを全部見る時間はないかもしれませんが、少しだけでも是非見てみてください。
平日に行く方は、ゆっくり楽しめると思います。

またこのカフェのケーキも美味しいので是非♪
左はポーランドといえばのリンゴケーキ「シャルロトカ」
右はチョコレートケーキにプラムジャムソースがけです 🙂

お土産屋さんもお楽しみ♪
ワルシャワにあるショパン博物館のChopin STORE

エキエル版、パデルフスキ版の楽譜もそろっています 😉

★おまけ★
改装工事中のショパン生家の様子はこちらの日記からどうぞ 😀
<2015初めてのジェラゾヴァヴォラ(ショパン生家)>

そして更にジェラゾヴァヴォラからもう少し先に行くとショパンが洗礼を受けた
聖ロフ教会があるブロフフという場所があります。

ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会 ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会

ショパンパスだとオプションでここへも連れてきてくれます 🙂
ここは開いている時と開いていない時が経験上半々で、
行ったからといって必ず内部が見れるというわけではないのですが、これは運です。
本当に田舎の教会なのです。
内部の様子はこちらの日記から是非ご覧ください:)
秋のジェラゾヴァヴォラとブロフフの聖ロフ教会

ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会 ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会

入り口前の掲示板には、コピーですがショパンが洗礼を受けた時の書類も
展示があります。(お姉さんの結婚式の書類もあります。)

ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会 ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会

この教会についてはこちらの日記でも少し詳しく書いたのでご覧になってください 😉
聖ロフ教会とキリスト教のシンボルについて

ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会 ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会
先日(2017/08/13(日))訪れた時には
丁度この年ショパンの夏のリサイタルが
開催されていて毎週日曜日この聖ロフ教会で
ピアノコンサートが行われている所に出くわしました。
たまたま日本人ピアニストの方で、
終わった時には拍手喝采、さらにアンコールまでありました。
教会で聞くピアノもとても素敵でした 🙂
 ショパンパスジェラゾヴァヴォラショパン生家ブロフフ聖ロフ教会聖ロフ教会の裏では、アレが見られます。
ワルシャワのワジェンキ公園にあるショパン像で
「ショパンの隣にあるアレはなんだんだろう?」と思っている方いらっしゃいませんか?
アレはこの木です 🙂
これは柳の木なのですが、この柳が風になびいている像なのです。
この柳はショパンの柳とも呼ばれています 🙂

HOW TO GO TO Żelazowa Wola?
By bus? By train?
そんなジェラゾヴァヴォラへの行き方を考察します。

********************************************************************
おすすめ!!
春夏のシーズン中ならChopin PASS!

なんとこのサービス,

★ジェラゾヴァヴォラまでの往復移動
★ショパン生家博物館チケット
★ワルシャワのショパン博物館チケット

全てセットで
17歳以上の大人119 PLN 
8~16歳の方 99 PLN
7歳以下のお子様  72 PLN

▶チケットの詳細◀

1. ChopinPASS Standard (ワルシャワージェラゾヴァヴォラーワルシャワ):生家のみ
119zł
2. ChopinPASS Plus (生家+18時~旧市街で行われるショパンピアノコンサート付):
169zł

ブロフフの聖ロフ教会も行きたい場合
それぞれ+30zł

ホテル送迎+50zł

3. ChopinPASS Premium
(まる1日カスタマイズできるツアー。
ChopinPassプラスに加え、Sannikiのような他の場所も追加可能!):
一人 199 zł (最低4人~)要問合せ
http://www.chopinpass.pl/rozklad-jazdy/

移動が一番の問題のジェラゾヴァヴォラ訪問。
さらに生家チケットもついてくる上に、
ワルシャワのショパン博物館のチケットもついてくるのがいいですね!
帰りはショパン博物館へ送ってくれるので直接行けるのも楽チン!
社内ではショパンがBGMとして流れているのでいい心地です♪
※ショパン博物館入場は同日のみ有効なので、朝~昼間ジェラゾヴァヴォラ、
夕方~閉館までにショパン博物館という1日ショパンめぐり向きです。
★生家は予約当日のみ、ショパン博物館は前日または後日±1日で
訪問可能です。
もちろん何時に行ってもいいので
ジェラゾヴァヴォラから戻ってきてランチに行ってから夜にいくのもOK!

このショパンパス、何よりもおすすめの理由は
ポーランド語が分からなくても安心して行ける! 
★チケット代通常ショパン博物館22zł
★ショパン生家博物館23zł込み、
更に
★ジェラゾヴァヴォラまでの移動で往復が快適なワゴン車
ドアトゥドアで連れて行ってもらえる安心感。
とてもお得でおすすめのサービスです。
記事後半で公共機関を使っての行き方も記載しましたが、
正直英語が話せる人にもあまりお勧めできません。
ポーランド語が話せる人にはおすすめできます 😉

<ショパンパスの出発時間>
6月・9月
(ピアノコンサートは日曜日12:00/15:00)
月曜日:休み
火-土: 11:00 ワルシャワ発
日: 10:30/13:00 ワルシャワ発
7月・8月
(コンサートは土曜日(練習生)日曜日(プロ)12:00/15:00)
月曜日:休み
火-金: 11:00 ワルシャワ発
土: 10:30/13:00 ワルシャワ発
日: 10:30/13:00 ワルシャワ発

 

<ショパンパス出発地>
文化科学宮殿下、ツーリストインフォメーション前です。
出発前にインフォメーションセンターによって
地図をもらったりガイドブックを貰うのもおすすめです。

*********************************************
(例)11:00発-12:00生家着
♪2時間滞在♪
14:00発-15:00ワルシャワショパン博物館着
ショパン博物館を楽しむ。
(もしくはどこかでランチした後でも当日中ならOK)
 *********************************************
ChopinPASSオンライン予約は◀

自力でジェラゾヴァヴォラへ
<バスの場合>
バスのHP→www.motobuss.eu
ワルシャワのメトロセントラム(中央駅ではなく、メトロの中央駅です)
の近くから出ています。
※これは地元の方が使うバスで観光バスではありません

 赤いAのバルーンが乗り場です。
乗り場はこの辺りです。
 ずっとショッピングモールが続いている場所です。
少し分かりにくいですが、このモールには地下にカルフールもありますし、
キオスクのようなジュース買うだけなら十分のお店もこれ沿いにありますので、
バス乗る前に買いたい人は早めに行って買っておくと良いでしょう。
(バスの中での飲食はお控え下さい。)
道に書いてある白いギザギザマークはバスが停まるという意味です。
行き先が色々なバスが来ますから、間違えて乗らないようにご注意下さい。

料金は片道19zlで、所要時間はおよそ1時間。
切符については何も書いてなかったので乗る時に運転手から買います。
(ポーランドではこれが普通です。おつりがない様に用意しましょう。
50,100złだとおつりが無くて乗車拒否もあり得ます。)

 <ワルシャワ発→ソハチェフ行>
出発時刻は黄色がお勧めです。
約1時間後にŻelazowa Wolaジェラゾヴァヴォラに着くのでおりて下さい。
終点はSochaczewソハチェフ駅です。

緑と黒の違いは、ルートの違いです。
緑はカンピノス、レシュノを通るルート、
黒はブウォニエを通るルートです。
1-5は月ー金の意味、
1-7は月ー日(毎日運行)の意味です。

そもそもジェラゾヴァヴォラはどんな位置関係かというとこんな感じです。
ということで、緑色の時刻であるのレシュノを通るルートでないと
ジェラゾヴァヴォラには行けませんので緑の時刻を見てくださいね!

 <ジェラゾヴァヴォラからの帰り>

HPにジェラゾヴァヴォラ停留所の時刻表というものはなかったので、
ちゃんとした時間がわかりませんが、
距離的にソハチェフ駅からジェラゾヴァヴォラまで約15~20分なので、
このソハチェフ発の時間+15~20分後にジェラゾヴァヴォラに来ます。
ということでなるべく早く待っている分には大いに◎だと思いますので
この時間にいてもいいくらいですが、目安にして下さい。

*********************************************************************
<電車でジェラゾヴァヴォラへ行く場合>

ワルシャワ東駅(Warszawa Wschodnia)から
最寄り駅のソハチェフ駅(Sochaczew)まで。

そのあと、ソハチェフ駅から6番バスで終点まで20分(3zł)です。

ワルシャワ東駅はセントラルから歩いて15分程度、トラムでもすぐいけますし、
中央駅から電車に乗って1駅のところです。
よく見るPKPは日本で言うJRみたいなものです。
時間はものによるようで電車だけで片道35~65分。
そこからのバスも片道10~45分と、交通状況によるのでしょうが幅があるので時間は
余裕を持って移動した方がいいですね。

例として、2015/4/28(火)の時刻表を調べてみました。

ワルシャワ発7:56,8:38,8:53,8:56・・・と本数は沢山ありますね!

ソハチェフまではTLKというIC(インターシティ)の一種の電車と、
KMという普通の電車の2種類が走っていて、
TLKはICなのでオンラインでチケットが買えます
(リンクは4/28の時刻表とそのまま購入画面にすすむところに飛びます。
が、あんまり早い時期からは買えないのでご注意下さい。
英語です。右下のlaterで次の電車も見ることが出来ます。)

IC(インターシティ)ホームページ→ http://www.intercity.pl/en/(英語版にしてあります)

*ICのチケットの買い方はこちらの記事からどうぞ!

値段はまだ4月のは出なかったのでためしに3日後の料金を見てみたら、
1等車29zł 2等車17.10złでした。  

*IC車内の様子はこちらからどうぞ>

要は新幹線と在来線の違いのような感じですが、速さはさほど変わりません。
時間によって選んで下さい。KMのチケットは駅で買わなければなりません。
KMの方がICより安いはずなのでIC↑の値段を目安にして下さい。

「Sochaczewに着いたら」
ソハチェフ駅⇔ジェラゾヴァヴォラのバス時刻表見つけたので、参考にして下さい。
<ソハチェフ駅→ジェラゾヴァヴォラ(Mokas行)>
※本数が少ないので注意して下さい。

「帰り」
<ジェラゾヴァヴォラ→ソハチェフ駅(Energomontaż行)>

帰りの時間も本数が少ないので、時間厳守でお気をつけてお帰り下さい!
行く予定のある方は公式HP(英語とポーランド語のみ)を良く確認してから行くようにしてください。

*********************************************************************

こうしてみてみると、自力でも行けなくはないと思うかもしれませんが
そもそもポーランドは英語も通じにくい国です。
遅延があった時、時刻表が変わっていた場合などそんな事態に
自分でどこまで出来るでしょうか。

そんな不安を払拭してくれるものがせっかくありますので、
個人的にはCHOPINPASSを利用する方がおすすめです 🙂

 *****************************************************************
自力で聖ロフ教会へ行けるのか。
ジェラゾヴァヴォラから聖ロフ教会への行き方は、どうやらタクシーしかなさそうです。
というのも、ジェラゾヴァヴォラからソハチェフ駅までも
公共バス(6番)が1時間に1本もないほどなんですね。
ジェラゾヴァヴォラ自体ものすごく田舎なので、タクシーもそうそう流れていません。
ですので行き方はタクシーチャーターしかありません。
それなりに英語が出来る方、もしくはポーランド語が出来ないと厳しいですね。
聖ロフ教会公式HP(ポーランド語です):http://brochow-parafia.pl/
★聖ロフ教会へ行きました!詳細はこちらのガイド記事からどうぞ!★
********************************************************************

*ここからは蛇足*

以前調べたものですが、もしかしたらカンピノスから行く人、
迷ってしまった人がいるかもしれない!ということで残しておきます。

1.ソハチェフバス停は、ジェラゾヴァヴォラまで行くバスがあるソハチェフ駅から少し歩くのです。

<終点バス停⇔ソハチェフ駅(PKP)間ルート>

そしてそこから、6番バスに乗ってジェラゾヴァヴォラへ・・・なんてするのであれば、
最初から電車で行った方がよさそうなんですね。

2.カンピノスで降りて、そこから少し先のジェラゾヴァヴォラまで。
これは効率がよさそうなのですが、ポーランドに慣れてる方なんてそういないと思うので、
ソハチェフもそんな都会ではないはずですが、さらに中間の田舎での
乗り継ぎとなるとどんなもんか・・・ポーランド語が出来ない方にはあまりお勧めできません。

<カンピノス⇔ジェラゾヴァヴォラ間の時刻表>

 (画像クリックで拡大)

解明に時間がかかりましたが、見つけました時刻表!!
左が、カンピノス→ジェラゾヴァヴォラ方面
右が、ジェラゾヴァヴォラ→カンピノス方面のようです。

そして左下の注意書きには、
「Dは月ー金の運行、eはホリデーには動きません」
全てにD,eが上についているので、という事は、完全に平日のみの運行のようです。

土日祝日は一切バスがないのだろうか!?
謎なところですが、田舎ならありえるかもしれない・・・・・・
そしてこのバス停の正確な位置が分からないのも問題です。

カンピノスからジェラゾヴァヴォラまで上のバスで行って、
またジェラゾヴァヴォラからカンピノスまで戻ってきて、
カンピノスからワルシャワへのバスの時刻表はこちら↓

ということで、平日のみでかつ時間にも余裕があって、バスで行きたいのなら
この方法が一番いいかな!?というところでしょうか。

ちなみに・・・

29th September 2014 – 28th February 2015 – Due to the works on the new permanent exhibition in the Birthplace of Fryderyk Chopin the Manor will be temporarily closed for the visitors.
Saturday and Sunday concerts will take place with no changes.
また2015/2/28までは、生誕地はどうやら閉鎖されているようです。
土曜日と日曜日のコンサートは変更せずに行われています。
********* 2015/02/05更新**************

Dom Urodzenia Fryderyka Chopina zostanie zamknięty 29 września 2014 na  czas przygotowywania nowej ekspozycji stałej, której otwarcie planowane jest na wiosnę 2015. Zapraszamy do zwiedzania parku w  Żelazowej Woli.”
「フレデリック·ショパン生家は、新しい常設展示物の準備のため、2014年9月29日閉鎖されておりますが、オープンは2015年春の予定です。ジェラゾヴァ·ヴォラにある公園散策がお勧めです。」
本来なら2/28に終わらせる予定だったそうですが、どうやら4月まで延長のようです。
土日のコンサートも中止となっているそうです。
*************************************

2014年6月まで改装工事で見学不可と書いてありましたが、
また改装しているようですね。

*************2015/04/25更新******************
行って来ましたジェラゾヴァヴォラ。
公園だけでもとっても楽しかったですが、
ショパン生家は2015/5/15オープン予定だそうです!
(そこで働く人に聞いて来たので間違いないと思いますが、
これまでどおり長引くこともあるかもしれません。)→本当に長引きました。

結局遅れましたが2015/6月現在すでにオープンしています。

★4/25 ジェラゾヴァヴォラ(ショパン生家)同行ガイドしました!その1

*********************************************

2015/07/20修正
2017/07/08修正
2017/08/14修正&加筆

保存

保存

保存

保存

保存

保存