*****  はじめまして!*****

このブログ「Mazourka-Iris」を書いているKaoriと申します。

このブログは、
私が2011年に移住をする際、こんな時代なのにあまりにもポーランドの情報がなく、
ガイドブックも限られたものだけ・・・
「こうなったら、私が行ったら自分で書いてやろう!」と、
そんな気持ちから始まった日記感覚のブログです。

ポーランドに住んで、まず最初に思ったのは、
「意外と発展しているんだな~!」
「こんなに発展しているのに、それでも本当のヨーロッパの暮らしが今でも普通に残っている国なんだな。」
観光地化していないポーランドだからこその良いところだと思いました。

未だ敬虔なカトリック教徒が多くいる国で、移民も少なく、
いまやどこにでもいる中国人ですらほとんど見かけません。

教会内はいくらガイドブックに載っているからといってそこは観光地ではなくあくまでも祈りの場。
本当に静かで、常に誰か祈っている人がいて、足を踏み入れるだけで何か感じる物があります。
宗教には全く興味ありませんが、それでも嫌な気持ちせず純粋な人々に癒されるほどです。

食べ物も、日本にはないものばかりですが、どれも美味しい!!
ハーブが苦手だった私にも、よく使うディルやマジョラム、ミントにローズマリーなど、
どれもおいしく食べられるようになり、今では家でハーブを育てるまでになりました。
ポーランド料理は日本人の口に合うと思います。
何よりも素材そのものがどれも美味しい。
スーパーでは見たことのない野菜が並んでいたり、チーズやハムの種類の多さにもびっくり。
フルーツも安いのが嬉しい!そしてもちろんどれも美味しい!

 

広い広いポーランドには、色んな地方があって、
それぞれの場所でそれぞれの文化も日本同様にあります。

そうなると、海外旅行に慣れている方でさえも戸惑う場面と言うのはどうしてもでてきます。
ポーランド自体、他のEU諸国から比べたら田舎になるのかもしれませんが、
そのポーランド国内の中でも、ワルシャワ・クラクフ・グダンスク・ポズナン・ブロツワフ以外は
本当に田舎と言ってもいいのではないかと思います。

ポーランドは他の国とは違います。
私も色々旅行してきましたが、違うと思います。
でも、日本人なら理解できると思うのです。
気質が、なんだか日本人っぽく感じるのです。
陸続きの国だけども、ポーランドだけ島国のような雰囲気の文化がある気がします。
なによりも、今まで色んな国に支配され、時にはなくなり、また復活しここまでの大国に。
だからこそ、地方ではそれぞれ全く違った文化が見られて面白い国。

これもまるで日本のようです。

国外だけでなく、国内旅行もして色々気付いたポーランド。
そんな旅行記を元に情報をそのまま書きとめ、ワルシャワについては今後の観光に来られる方のためにもと色々調べてまとめました。

主婦が自由に書いたきままなブログですので情報は間違っている事があるかもしれません。
料金や開閉時間などは行く前にHPもチェックしてくださいね。

本当に現地に住んでいる人目線の、ガイドブックにはないポーランドを知っていただけたら嬉しいです。
うまくまとまっていない記事もあるので、お探しのものがある場合はページ内検索をしてみてください。