こんばんは(おはようございます)。

今日はなんとなく寝る前に書きたくなったのでちょっと書こうと思います。
昨日今日と、ニュージーランドからのご夫婦(主人の知人)と一緒に過ごしました。
今年の3月にニュージーランドへ行った時に北島のタウランガという町でお世話になり、
今回ご主人のバルセロナへの出張ついでにワルシャワに遊びに来てくれて一緒に過ごしていました。

ニュージーランド人の事はニュージーランダーと呼ぶそうですが、
ポーランドはなんでポーランダーじゃないんだろう?
なんてふと思ったり 😀

そんなご夫婦はいつも、
「kaoriは、英語とポーランド語と日本語と3か国語も話せるのがすごいよね。僕なんて英語だけだよ」
なんていつも言ってくれるのですが、
ヨーロッパだと3か国語は話せるのが当たり前なので英語圏の方にそう言ってもらえるのが
とても嬉しかったです。英語さえ出来れば他はほぼ必要ないですしね 😛

「普段どっちで考えてるの?どっち話すの?頭疲れそうね」と奥様。
この質問はガイドをしていてもお客様によく聞かれるのですが、
最近はポーランド語の方が多いので6:3:1でポ―ランド:英語:日本語というようにしています。

そもそも、私は英会話に通っていたことも、留学経験もなく、英語は高校までのもので、
大学以降は授業で少しあっただけ、それ以降はただ単に語学が好きでそれにおしゃべりな性格が合わさっただけです。
またポーランドに住んでからも学校へは行っていないのでポーランド語は完全に独学。
その為どちらにしても知らない単語も多いので、
こちらに来てから
「ポーランド語は分かるけど英語でなんて言うか分からない」なんていう単語も多々あります。

主人はポーランド人なのですが、仕事で英語も日常的に使うのでどっちもOKです。
さらに私と出会う前から日本に興味があったそうで、
自分で日本語の教室にも通っていて、一時期は漢字交じりのメールも打てるくらいでした。
が、今はもうひらがなすら忘れてしまい、聞けば半分くらいは理解できる程度です。
家では、「いただきます」「おいしい」「ごちそうさまでした」だけは日本語で言っています 😀
いただきますとごちそうさまはポーランド語にあたる言葉がないのです。
これは言われると嬉しいですね 🙂

主人とは殆どポーランド語で話しています。
と言っても、彼はあまり話さないので必要最低限程度です。
また何かを詳しく説明するときには英語がまだ優位です。
ケンカとなると、これも英語の方が優位ですがお互いに英語は母国語ではないので
ニュアンスが英語に当てはまらず、伝わらなくて非常にモヤモヤします 😛
ほぼ冷戦となります 😛

こんな生活をしていますが、時にふと思うのが
「自分が何語で理解したか覚えていない」という事です。
どこかで英語で読んだ記事なのか、ポーランド語のラジオから聞いたのか、日本の友達とチャットをしていたのか、
とりあえず脳は理解したことを覚えてはいるのですが、
それが何語だったか覚えていない、という不思議な感覚です。

 

話は変わりますが、主人はUFOや宇宙人の話が大好きです。
毎日youtubeで関連の最新ニュースネット掲示板なんかを見ていますが、
ある3人のポーランド人が山を登っている時にも出会ったそうです。
目の前に円盤が降りてきて、宇宙人が出てきて、普通に会話をしたそうです。

そんな話を聞いている時に、
「宇宙人はポーランド語で話したの?」と主人に聞いたら「そうだと思うよ」と言ったのですが、
そうかもしれないけども、もしかしたらテレパシーとか、
それか自分のように理解したけど何語で話していたか覚えていない、というパターンも
あるんじゃないかな~なんて思いました 😀

ちなみに私は大学は地理学科を出ているので、
宇宙学というのも学んだのですが宇宙の話はとても面白いです。
地球の存在が何億何兆もある星の中のただの1つの小さな星。
他に宇宙人がいないわけがないと私も思うので存在するのは否定しませんが、
しかし見たことがないので気持ちは信じているのですが、
「信じたいけど見た事ないからなぁ・・・」ごにょごにょです。

この話題で共通していつも出てくるのは2030年。
2030年頃にはもう公で普通に宇宙人とその辺で話したりコンタクトを取るようになるそうですよ。
すでに人間の形をして普通に過ごしているなんてことも聞きますが、(エリザベス女王が宇宙人だとか 😀 )
宇宙人が大きいとも限らないですし(ミクロサイズで細胞から人間操っているかも⁉)
一体どうなるのでしょうか 😀  楽しみですね 🙂

 

話が自分の事から宇宙人になってしまいました 😀
という事で今日は太陽系のそれぞれの大きさを考えたりとか、
木星の気圧や風のとんでもないスピードなんかを考えながら寝ようと思います。
おやすみなさい 🙂