ワルシャワ鉄道博物館

(公式HPより一部抜粋-翻訳-)

1931年12月13日にこの博物館はオープンしました。
博物館は、26の部屋と廊下で構成され広さはおよそ900㎡。
450の展示品が19のテーマ別のセクションに分けられ、地図や図表、写真と一緒に展示されています。

それらの中には当時の最も貴重な展示物が含まれており、例えば、
・ワルシャワ·テレスポル鉄道の建設に関する皇帝アレクサンドル2世の条例のコピー

・ ワルシャワ-カリシュ間の最初の切符
・1845年からのウィーン鉄道の時刻表

・1891年からのロシア憲兵隊のポーランド王国における鉄道輸送でポーランド語使用禁止する秘密伝言用紙
・新しくチェスワフ・プシビルスキによって設計された機関車の作業モデルとワルシャワの主要鉄道駅のモデル
・ヨーロッパ最大の鉄道橋のモデル
(Yaremcheにある、歴史的にも偉大なポーランドのエンジニア「スタニスワフ ラヴィチュ-コシンスキ」によって構築された鉄道橋)

 などなど。

ポーランドで鉄道と言えば、ポズナンから電車で1時間ほどのところにあるWolsztyn ヴォルシュティン
という街が有名で、そこにある博物館の分岐博物館がこのワルシャワ鉄道博物館です。

<2015/02/09>

 

 

外にもあります!

 

 

鉄道ファンの方はもちろん、そうでない方でも楽しめる場所です。
大きな本物の機関車は中に入れるものもあり、映画で見たものそのままだ~!と私もびっくり!

ワルシャワ中央駅からトラムで3駅、歩けなくもない距離にあります。
鉄道に興味がある方、是非行ってみてはいかがでしょううか^^

<博物館インタビュー映像>

 

<チケット料金>
通常チケット大人一人– PLN 12
学生割引– PLN 6
家族割 – PLN 35

*7歳以下のお子様は入場無料です。
*月曜日は入場無料ですが、その他の場所・イベントに関しては別途必要です。
*外の博物館に関しては天候により閉鎖しますのでご注意下さい。
*入場は閉館30分前までです。

<館内開閉時間>
月- 金 9:00 - 16:00
土日  10:00 – 17:00
★月曜日は入場無料!!

<外の民族学博物館>
  9:00 – 16:00
火 – 日 10:00 15:00

<鉄道博物館への行き方>
ワルシャワ中央駅前のトラム乗り場(DW.CENTRALNY08←08じゃなかったら
方向間違っているので08から乗って下さいね)からトラム8番22番または24番
「NOWE BEMOWO行」「PL.ZAWISZY」まで。3駅目6分。
目の前に着きます。

Muzeum Kolejnictwa(鉄道博物館)
住所:ul.Towarowa 1, 00-811 Warszawa
http://www.muzeumkolejnictwa.waw.pl/EN/Home/Default.aspx
Ticket Office : (22) 620 04 80 ext. 119
Office: (22) 620 04 80 ext. 101
Central Office: (22) 620 04 80
Fax: (22) 620 04 80 ext. 101
E-mail: sekretariat@muzkol.pl